ほそ川建設株式会社|金沢に生きる家|石川県の新築・注文住宅・自由設計住宅 / 石川県の和風住宅・和モダン建築

金沢に生きる家 | ほそ川建設株式会社
新築・注文住宅・自由設計住宅/和風住宅・和モダン

スタッフブログ

一級建築士免許証交付式に行ってきました。

こんにちは、設計部の内堀です。

タイトルにも書かせて頂きましたが、2/27に一級建築士の免許証交付式に行ってきました。
3度目の受験になるのですが、何とか平成最後の一級建築士試験に合格し、晴れて一級建築士となることができました。

やはり過酷な試験ですので、試験勉強に追われる日々について書きたいところですが、今回は私が一級建築士の資格取得を目指すようになったきっかけについて書かせて頂こうと思います。

突然ですが、皆様は一級建築士と二級建築士との違いについてご存知でしょうか?
私はほそ川建設に入社してから二級建築士の資格を取得し住宅の設計業務に携わるようになりましたが、一般的な木造住宅の設計というと二級建築士の資格で十分で、一級建築士はさらに大きな建物を設計(監理)する場合に必要な資格という位置付けになっています。

ただ、中にはこだわりで「担当設計は一級建築士にして欲しい」という方もいらっしゃいまして、そういう方にもプランのご提案が出来るようになりたい・・・という思いが私が一級建築士の資格取得を目指すこととなったきっかけです。

いざ資格を取得してみると今まで以上に責任を感じるようになり、気を引き締めているところですが、もちろんお客様へのご提案が急に良くなるものではないので、これからも日々精進して参りたいと思います。

それでは、皆様と素敵な住まいづくりをする日を楽しみにしております。