ほそ川建設株式会社|金沢に生きる家|石川県の新築・注文住宅・自由設計住宅 / 石川県の和風住宅・和モダン建築

金沢に生きる家 | ほそ川建設株式会社
新築・注文住宅・自由設計住宅/和風住宅・和モダン

スタッフブログ

町家修復工事 ~伝統工法の大工工事について~

今回は町家修復の大工工事について書かせていただきます。
古民家の修復工事において重要なポイントの一つでもあります。
木材が腐食している箇所の部材補強、耐震性能の向上
この二点についてご説明します。


左の写真は柱の下部が腐食している状況の写真です。
赤墨より左側は健全な状態であり、右側が腐食している状況です。


右側の部分(腐食した箇所)を切断し、新たな木材で継ぎ足します。
これを根継ぎといい、昔から伝わる工法であります。
少し写真では見えづらいですが、金輪継ぎ工法といいます。


次に梁の上側に腐食があった場合の修復についてです。
腐食箇所の切断を行い矧ぎ木と言われ、新しい木材を横方向に継ぎ足す工法です。
同等以上の断面寸法により補強を行います。


最後に耐震性能の向上についてです。
現在の木造住宅では、面材や筋交い、ダンパー等によるものがありますが、
古民家の場合の構造としては小舞壁(土壁)によるものが多いかと思われます。
そこで、耐震性能の向上と意匠性の両方を兼ね備えた耐力面格子を
採用し施工しました。
左の写真が面格子の写真です。
耐力壁として期待でき、意匠性もよく施工されました。

町家修復について一部ですがご説明いたしました。
また定期的にブログに書いていきます。
最後までお読みいただきありがとうございました。