ほそ川建設株式会社|金沢に生きる家|石川県の新築・注文住宅・自由設計住宅 / 石川県の和風住宅・和モダン建築

金沢に生きる家 | ほそ川建設株式会社
新築・注文住宅・自由設計住宅/和風住宅・和モダン

スタッフブログ

一級建築士免許証交付式に行ってきました。

こんにちは、設計部の内堀です。

タイトルにも書かせて頂きましたが、2/27に一級建築士の免許証交付式に行ってきました。
3度目の受験になるのですが、何とか平成最後の一級建築士試験に合格し、晴れて一級建築士となることができました。

やはり過酷な試験ですので、試験勉強に追われる日々について書きたいところですが、今回は私が一級建築士の資格取得を目指すようになったきっかけについて書かせて頂こうと思います。

突然ですが、皆様は一級建築士と二級建築士との違いについてご存知でしょうか?
私はほそ川建設に入社してから二級建築士の資格を取得し住宅の設計業務に携わるようになりましたが、一般的な木造住宅の設計というと二級建築士の資格で十分で、一級建築士はさらに大きな建物を設計(監理)する場合に必要な資格という位置付けになっています。

ただ、中にはこだわりで「担当設計は一級建築士にして欲しい」という方もいらっしゃいまして、そういう方にもプランのご提案が出来るようになりたい・・・という思いが私が一級建築士の資格取得を目指すこととなったきっかけです。

いざ資格を取得してみると今まで以上に責任を感じるようになり、気を引き締めているところですが、もちろんお客様へのご提案が急に良くなるものではないので、これからも日々精進して参りたいと思います。

それでは、皆様と素敵な住まいづくりをする日を楽しみにしております。


「いしかわ男女共同参画推進宣言企業-女性活躍加速化クラス-」に認定されました

いしかわ男女共同参画推進宣言企業とは、県内企業等の男女共同参画社会づくりに向けた意識改革を促進し、取組の実践を促すため、 男女共同参画推進の具体的な取組を宣言する企業です。
より女性活躍を推進するため、数値目標の設定を要件とした「いしかわ男女共同参画推進宣言企業「女性活躍加速化クラス」を、石川県が平成30年7月1日に創設し、ほそ川建設が認定されました。

このような認定制度を利用しながら、ほそ川建設は地域に根ざし、男女共同で活躍できる会社を目指しております。
今後とも宜しくお願い致します。


「バリアフリー住宅改修事業者」に登録されました

この度、NPO法人バリアフリー総合研究所より「バリアフリー住宅改修事業者」の事業者に登録されました。

概要と致しましては、身体に障害をお持ちの方が自立して生活できるよう、バリアフリーの住宅に改修工事ができる知識と技術を持った事業者が登録を受けられるものです。

ほそ川建設は、様々なお客様の状況に合った生活をご提案致します。
今後ともよろしくお願い致します。


いろどりを添える「製作家具」

今回は製作家具についてご紹介します。

新築で住宅を検討されている方が家具を購入する際、通常インテリアショップで家具を選ぶ場合と、オーダーメイドで家具を注文する場合の2通りがあると思います。
ほそ川建設の「製作家具」は後者になりますが、住宅設計の担当者が、同時にオーダー家具のプランをおこない、家具製造会社で製作し据え付ける形をとっています。
製作家具のメリットとしましては、住む方の目的に合わせ、さまざまな要望を家具のカタチに反映できることは当然ですが、照明をうまく組み合わせることで生まれるお部屋との一体感が、お部屋の表情を豊かにしてくれる点で、大きなメリットがあります。
それでは、一例をご覧ください。


タモ材で統一された、キッチン一体型のダイニングテーブルとキッチンバック収納です。きれいな木目が特徴のタモ材ならではの、木の風合いをしっかりと感じられる仕上がりとなっています


リフレクション!! 黒のカラーガラスをトビラに使用したスリムなカップボードです。反射を通してお部屋の陰影を浮び上がらせています。


黒のカラーガラスとタモ材を使用したTVボードです。木目のあたたかさとシックなカラーガラスが組み合わさって、あたらしい雰囲気を生み出しています。


ご紹介した製作家具の一部は、モデルでご確認いただけます。ぜひ、足をお運び下さい。お待ちしております。


移住・住みかえ支援適合住宅制度「かせるストック」のご案内

この度、ほそ川建設は一般社団法人 移住・住みかえ支援機構(JTI)の協賛事業者となりました。

JTIでは「マイホーム借上げ制度」や「かせるストック」などの制度を実施しており、移住や住みかえで空き家となる住宅を借上げ、賃貸住宅としてJTIが転貸をするシステムです。
この制度を活用することによって社会に良質な住宅ストックを循環させるとともに制度利用者は安定した収入によって突然の移住や老後の様々な選択肢が広がることとなります。

JTI「マイホームを借上げ制度」とは
50歳以上のマイホームを借上げて転貸し、安定した賃料収入を保証するものです。
持ち家に住んでいて移住や新築を検討している方に新たな選択肢として自宅を売却することなく、住みかえや老後の資金として活用することができる制度です。
制度の利用には既存住宅の建物診断を受ける必要があります。

マイホーム借り上げ制度の特徴
1. 借り手のいない空室時も賃料を保証。
2. 入居者とは3年の定期借家契約なので期間満了後には再び家にもどることもできます。
3. JTIが制度利用者に代わり責任をもって転貸します。

新築時に認定を受ける「かせるストック」のメリット
1. 原則50歳以上の方が対象である「マイホームを借上げ制度」が、新築時に認定を受けることで50歳未満でも利用可能になります。
2. 新築時に認定を受けることで制度利用の際に手続きの簡略化ができます。
3. 指定の借入機関を利用することでフラット35の優遇が受けられます。
4. フラット35内の一部オプションを利用可能になります



これまでは、移住や新築の際には住まいを売却し、手放していた所に新たな選択肢となるのではないでしょうか。
詳しくお知りになりたい方は、是非一度ほそ川建設までお電話ください。


【お問い合わせ】TEL:076-267-8008

一般社団法人 移住・住みかえ支援機構 HP