家づくりの豆知識

こんにちは、設計部の内堀です。

緊急事態宣言も解除され、「ニューノーマル」として新しい生活様式が定着しつつありますが、
梅雨の高温多湿と朝晩の寒暖差も相まって、より体調管理に気を付ける必要があるなと感じているところでございます。

さて、少しずつ外出する機会も増え、家づくりに向けて再スタートを切る方も多いかと思います。
そういった方へ向けて、今回はほそ川建設の間取りの特徴でもある「中庭・テラス」についてご紹介したいと思います。



まず、こちらは観賞用として楽しむ中庭です。

洗出しの土間と化粧砂利をあしらい、中庭単体として美しいのはもちろん、板張りの天井等リビングとの繋がりも意識してデザインしています。



続いて、バーベキュー等外に出て楽しむテラスです。

まとまった空間が取れるよう同一の素材で床を仕上げながらも、殺風景にならないように植栽をバランス良く配置。
気軽に外の空間を使えるようLDKからの動線も考慮しながら設計していきます。

今回は大きく2パターンに分けて紹介させて頂きましたが、どの空間と繋ぐ?どういった素材で?等々…その物件ならではの個性が出てくるのも「中庭・テラス」の面白いところです。

そして、どのような形でも共通して言える「中庭・テラス」の最大のメリットは普段生活している中で感じられる「視線の抜け」です。
限られた坪数でより広々と生活が出来る。そんな魅力ある空間をプランに取り入れてはいかがでしょうか。

それでは、皆様と素敵な住まいづくりをする日を楽しみにしております。