ほそ川建設株式会社|金沢に生きる家|石川県の新築・注文住宅・自由設計住宅 / 石川県の和風住宅・和モダン建築

金沢に生きる家 | ほそ川建設株式会社
新築・注文住宅・自由設計住宅/高気密・高断熱・計画換気住宅

構造のこだわり

構造のこだわり


住み継いでいくために


快適な住まいであれば、次世代に住み継いでいきたいものです。
家は計画なメンテナンスを実施することで寿命が延び、子の世代や孫の世代まで引き継ぐことができます。
ほそ川建設は耐久性を確保する劣化対策を講じた住まいを提供します。


湿気をコントロール

ほそ川建設の家は低温の除湿乾燥機。
木材の腐れの原因となる湿気対策を講じることで、構造躯体の木は乾燥状態を保ち、本来の性能を持続します。


 
 
 


住む人の安全を守る


万が一の地震に耐える家は、住む人が安心して暮らせる住まいです。
木造軸組工法に現在の技術を取り入れることで、「木」 の粘り強さを活かした高い耐震性を備えた家となります。
また、ほそ川建設の住まいは制震ダンパーによる制震構造にも対応しています。


ニーズに対応する地震対策

ほそ川建設の家は、耐震構造と制震構造に対応。
剛床・耐力面材によるモノッコク構造とした耐震構造と、制震ダンパーによる制震構造に対応しています。


 
 
 


住まいのニーズに合わせた仕様


ほそ川建設は3タイプの仕様(構造)の展開をしています。
ハイスペック仕様、国で定めた長期優良住宅の認定基準に合わせた仕様、コストを重視した仕様まで、人それぞれの希望に合わせた特徴ある基本仕様をラインナップしています。

3つの仕様をご紹介します。


⇒標準仕様

ほそ川建設が推奨する 「AKE工法」 です。
高気密・高断熱・計画換気システムを採用し、高い次元で住まいのニーズに対応します。


長期優良住宅仕様

長期優良住宅の認定基準に適合。
耐震等級2以上を取得する、高い耐震性が特徴です。


basic仕様

平成28年省エネ基準をクリアーする断熱性能。
耐久性を考慮しながら構造コストを抑えた仕様です。